英国の企業とつながりましょう。

ヘルスケア・ライフサイエンス業界

英国のヘルスケア・ライフサイエンス業界とパートナーを組むべき理由

仕様に合った、質の高い製品やサービスの評判や保証に確かな実績があります。

信頼性

時間通りに、要求された詳細な仕様通りに契約を提供することで信頼されています。

安全性

次の価値を理解しています。

  • 長期にわたる安定したビジネスパートナーシップ。
  • 事業向けセキュリティ。IPや技術機器を扱う際に不可欠です。
healthcareuk-logo

#1

欧州および北米11カ国中、英国の医療制度は1位にランクされました。
出典:Commonwealth Fund、2014年

英国の国民保健サービス(NHS)は、世界最大の統合された医療システムとして、36時間あたり100万人以上の患者に質の高いケアを提供しています。英国とパートナーを組むことで、この豊富な経験にアクセスでき、ケアプロセスの進展、ハイテク機器の注文、患者により良い転帰をもたらすためのスタッフのトレーニングに役立ちます。

効果のあるモデル

1948年以降、英国のNHSは、世界中の政府や組織の意識を高め、影響を与える成功モデルを確立しました。
英国の医療業界は、次のようなイノベーションについて世界トップレベルのイノベーションの実績があることでも知られています。

  • 天然痘ワクチン、ペニシリン、DNAの構造の発見。
  • コンピュータ断層撮影(CT)スキャナの使用。
  • 今日のゲノム研究の最新動向。

総合的な医療制度

世界トップレベルの費用対効果の高い医療は、患者により良い転帰をもたらすためにすべての部分が機能するシステムを通じてのみ提供できます。英国の医療制度は、資金調達、戦略、規制、トレーニング、イノベーション、提供などの分野における英国の専門知識に依存しており、完全かつ総合的なサービスをサポートしています。

世界トップレベルの医療教育とトレーニング

英国をリードする医学教育およびトレーニングプログラムは、優れた医師、看護師、医学者および管理職を輩出しています。英国の主要機関の中には、強固な国際協力を確立しているものもあります。インペリアル・カレッジ・ロンドンは、南洋理工大学と提携し、シンガポールで医学部であるLee Kong Chian School of Medicineを創設しました。この学校は現在、留学生に有名な医療トレーニングコースを提供しています。

癌ケア

英国では、外科医、腫瘍専門医、遺伝学者、病理学者、放射線科医にアクセスできる癌患者のための最も高度な治療法と総合的治療法を提供しています。英国は、一流の癌センターと提携して、ケアの方法を進展させ、最先端のゲノム技術を導入し、ハイテク機器を注文し、スタッフを最高水準まで訓練することができます。

糖尿病の予防と治療

糖尿病予防は、健康改善とコスト削減を求める医療制度にとっての出発点です。英国では、糖尿病の予防と治療について総合的なアプローチを取っています。このアプローチはNHSが提供しており、強力な糖尿病特有の戦略的焦点に支えられています。キングズ・カレッジ病院、Imperial College Healthcare、Guy’s and St Thomasなどの大手病院のNHSトラストが、民間企業や現地パートナーと臨床コンサルティングやサービスを提供しています。英国は、御社組織が医療制度のリソースを最適化するために自己管理プログラム、現地の文化や言語に適応するスキーム、多分野チームの教育など、糖尿病の予防と治療を改善するのをサポートできます。これらと並んで、英国は、自己管理アプリ、診療管理ソフト、オンライントレーニング、分析など、糖尿病用の高度なデジタルヘルスソリューションを開発しました。

メンタルヘルスへの焦点

340億ポンド

- NHSの業務と340億ポンドの予算のうち、23%をメンタルヘルスが占めています。
出典:NHS

英国は、NHS、民間セクター、独立セクターを通じてメンタルヘルスサービスを提供するための調整・統合されたアプローチを備えています。英国は、リスクの高い個人の予防と早期発見、危機対応、リハビリ、サポートケアまで、患者経路全体にわたってメンタルヘルスサービスを開発するのをサポートします。

インテリジェントなインフラ

効率的な医療には、優れたインフラが基盤となります。英国の企業は、医療インフラのあらゆる面でイノベーションリーダーです。モデリング、資金調達、設計から建設および運営まで、英国の組織や企業と協力して、患者のニーズに合わせて設計された医療インフラを提供し、健康成果を改善し、高品質で応答性が高くアクセス可能で安全なサービスを提供しましょう。

デジタルヘルスにおけるパイオニア

1カ月の訪問件数

4,000万件

– NHS Choicesは、欧州最大かつ最も訪問件数の多い健康情報ウェブサイトであり、世界で最も訪問件数の多い健康ポータルサイト10件の1つとなっています。

英国は、慢性疾患をより効果的に予防・管理するためのデジタルソリューションを使用して医療サービスを変革する最前線に立っており、自らの長期的な健康への参加を患者に促しています。英国のデジタルヘルス企業は、テレケア、テレヘルス、mHealth、eHealthなどの分野で、革新的で研究主導型でエビデンスに基づくテクノロジーを御社組織に提供することができます。

ライフサイエンス

英国は、医薬品、医療技術、診断、デジタルツール、消費者の健康向け製品など幅広い製品を提供する堅牢なライフサイエンス業界を有しています。

£30.7bn

307億ポンド – 2016年の英国のライフサイエンス輸出額。
出典:ONSによる『UK Trade in Goods by Classification of Product by Activity: Quarter 4 2016』

イノベーションの核

英国のライフサイエンスクラスターは、私たちの生活を変革する可能性のある製品、サービス、専門知識を生み出す上で重要な役割を果たしています。

 

ゴールデントライアングル

ゴールデントライアングルとは、オックスフォード、ケンブリッジ、ロンドン、およびこれらの間のエリアを含む国際的に認知されたライフサイエンスクラスターです。Sanger InstituteFrancis Crick InstituteHarwellのような世界最大の研究機関には、このエリアを拠点としています。

テムズバレーに所在する500社以上のライフサイエンス企業と、ケンブリッジに所在する200社以上のバイオテクノロジー企業が参加しているゴールデントライアングルは、シリコンバレーとボストンに次ぐ世界第3位のテクノロジークラスターです。

英国全土にわたるその他の強力なクラスターの例として以下のようなものがあります。

  • リーズは200社の医療技術企業を支援しており、シェフィールドには、整形外科の医療技術に強い存在感があります。
  • 北アイルランドは、より正確な予防ができるよう、先進的な世界有数の方法(多重試験)を有する診断開発において優れています。また、Administrative Data Research Centre や、Kainos Exploristics .などの企業では、臨床試験や医療アナリティクスの強化にも力を入れています。
  • スコットランドは欧州最大のライフサイエンスクラスターの1つで、423の組織で14,000人以上の人々を雇用しており、売上高は合計で28億ポンドに上ります。
  • • ウェールズは、Secure Anonymised Data Linkage(SAIL)Databankなどの研究のため、体外診断用医薬品、シングルユース技術、創部ケア、データシステムの強みにおいて優れた医療技術クラスターを有しています。

これらのライフサイエンスにおける専門性を活用して、集結したスキルや研究パートナー、効率の高いサプライチェーン、最低限の移動時間というメリットが得られます。

大学ベースの研究における優れた強み

世界トップ10の大学のうち3大学が英国にあります。また、前臨床と臨床の学科のトップ20のうち6つの機関が英国にあります。1

このような優れた学術基盤を支えている多くのプログラムが、英国で最も成功した企業のスタートアップの一部に貢献しています。例として、ケンブリッジの分子生物学研究所のヒュミラなどのヒト化モノクローナル抗体が挙げられます。

1: Times Higher Education, 2017. World University Rankings 2016-2017. Available at: https://www.timeshighereducation.com/ world-university-rankings/2017/world-ranking. Times Higher Education World University Rankings Overall & by subject: clinical, pre-clinical and health 2016-17 https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2017/subject-ranking/clinical-pre-clinical-health#!/page/0/length/25/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/stats

革新的イニシアチブ

医療システムが直面する主要な課題として高齢化、中産階級の増加、慢性疾患の負担増大が挙げられます。医療における最も重要な変化は、患者記録からレントゲンまでの幅広い情報のデジタル化の進展とともに起こっています。

デジタルヘルスのパイオニアであるデジタル採用は、すでに臨床診療研究データリンク(CPRD)を使用して開始されています。このデータリンクは、医薬品開発段階にわたる現実世界の臨床研究をサポートするための、ユニークな統合された治験として開発され、世界的な医薬品企業上位20社のうち19社がこのデータサービスを利用しています。

患者に適用されるプレシジョン・メディシンおよびゲノミクスの分野において、英国は、次のものを通じてこれらの分野の未来を定義してきました。

  • UK Biobank – かなりの程度の業界の関与を達成し、診断と製薬企業の両方にとって魅力的なものとなっています。
  • Genomics England – 珍しい病気における医療ゲノムデータのグローバルスタンダードを設定しました。今では、癌のデータに役立っています。

商業面でのヘルプとサポート

英国の国際通商省は、世界中の100カ所以上の拠点に商務官を配置しています。これらの商務官が、英国の製品やサービスの購入をサポートできる英国の機能や英国輸出信用保証局をお客様にご紹介いたします。

Close

このウェブサイトを評価する

当機関では常にユーザーエクスペリエンスの改善に努めております。以下の点についてご意見をお聞かせください。

(0 = 悪い、5 = 非常に良い)

全体*

0

1

2

3

4

5

コンテンツ

0

1

2

3

4

5

デザイン

0

1

2

3

4

5

使いやすさ

0

1

2

3

4

5

このウェブサイトを他の人にお勧めしたいですか?
(0 = 絶対に勧めない、5 = 絶対に勧める)

0

1

2

3

4

5